食器棚 引き戸 キッチン収納 キッチンボード レンジ台 日本製 ダイニングボード シードル S120 Lオープン WH DCホワイト (配送員設置)

大特価放出! 〔セーフティシューズ DIADORA EEE 〔サイズ〕26cm 〔カラー〕ホワイト/シルバー/ホワイト FC181 (フィンチ) FINCH ディアドラ〕 スニーカー

 産経新聞 
CHANEL - シャネル サングラス 103637

 石原慎太郎前東京都知事とたちあがれ日本は、石原氏を代表とし、同党の平沼赳夫代表を「共同代表」とする新党を13日に結成する。党名は太陽の党とする。同日夕、たちあがれの支部長を都内のホテルに招集し、新党の党名や綱領を発表した後、石原氏らが記者会見する予定だ。新党に参加する国会議員 はたちあがれの5人。今年7月に民主党を離党した中津川博郷衆院議員らが近く合流する方針だ。

 石原氏は12日夕、たちあがれの党本部で平沼氏らと新党結成に向けた最終協議を行い、「事を大きくしていくためには、お互いが好きだ嫌いだと言わず、大同団結し、広い気持ちを持たないとだめだ」と述べた。

 新党は「日本維新」の実現を訴え、「官僚支配打破」を前面に打ち出す。自主憲法制定patagonia - パタゴニア レトロパイル ジャケット ELKH 4着セット教育の「破壊的改革」Honey mi Honey - (本日限定値下げ)ハニーミーハニー シースルー tops

 同時に、日本維新の会とみんなの党に、合併を視野に入れた第三極による「日本維新大連合ドリームスイッチ 動く絵本プロジェクター Dream Switch ホワイト

ニュートロ ワイルドレシピ アダルト 2kg×3袋

HELEN KAMINSKI - ヘレンカミンスキー

 石原慎太郎前東京都知事とたちあがれ日本は12日、石原氏を代表とする新党を13日に立ち上げることを決めた。新党に参加する国会議員は、結成時 にはたちあがれ所属の5人となる見込み。ただ、今年7月に民主党を離党した中津川博郷衆院議員らが近日中に合流する方針だ。たちあがれ幹部によると、ほか に民主党所属議員からも入党希望が来ている。

 新党は、次期衆院選で、数十人の候補者の擁立を目指し、自主憲法制定や国の会計の複式化など を主要政策に掲げ、官僚支配の打破と「強く、したたかな日本づくり」を訴える。同時に、橋下徹大阪市長が代表を務める日本維新の会と合併を視野に入れた連 携協議を進め、15日も維新と政策協議を行う。

「石原新党」結成、政党名「太陽の党SEIKO - 極美品 セイコー クロノグラフ メンズ 腕時計 海外モデル SND367PC

●待っておりました!遂に石原慎太郎氏と、平沼氏、たちあがれ日本の皆様との新党「太陽の党」が本日結成され、夕刻には記者会見が予定されています。1955年にまだ一橋大学(法学部)の大学生であった石原慎太郎氏の小説『太陽の季節』が新人賞、翌年には芥川賞を受賞され、その後映画デビューされた石原裕次郎というスターが誕生し、所謂「太陽族」と称され一大ムーブメントに。太陽と海を愛する石原慎太郎氏は今80歳ですが、敢えて困難な道を選ばれ再度、国政復帰されるのです。安倍氏のおっしゃった「戦後レジームからの脱却」を今道付けできるお方はやはり石原氏しかおられない。そして、自民党総裁に再び復帰された安倍氏、石原氏の長年の盟友方、そして、橋下氏や渡辺氏という若い世代が連なり、悪しき戦後体制から遂に脱却する、真に独立国家としての歴史のある美しい日本、「強く、したたかな日本をつくろうじゃないか」とおっしゃる石原氏の志に共鳴いたします。邪推な批判、アンチの中傷誹謗も溢れていますが、石原氏を要としての政界再編が始まるのです。あるステージに来ると、石原氏と安倍氏は連携するでしょうね。自民党は石原新党に票を取られると懸念もあるようですが、党より日本です!石原氏の日本を想う心に曇りはまったく見られない。そんな祖国を想う昭和一桁世代の大先輩たちと後に続く世代。「太陽の党」とは石原氏だからしっくり行く。日本は太陽の国。今20代、10代...これから生まれてくる人達に、石原氏は絶望的な現状を憂いながらも希望の光を与えたいのではないでしょうか。時に荒い物言いの中に感じる情が響く者には伝わり共鳴できる。甘く優しい言葉を軽々しく語れない世代、私の父もそうでした。

 石原氏の40年以上に渡る盟友の佐々淳行氏のお言葉をお聞きください。くだらない週刊誌や批判記事より、石原氏の本質を窺えるお話がお聞き出来ます。殊に 「マルクス主義者でない者は人に非ず」という全共闘時代(1968年)の機動隊員殉職という事件。その弔問に訪れた唯一のお方が当時301万票(この記録はまだ誰も更新されていない)で、文学界から政治家への道を歩み出された若き石原慎太郎氏のみであった、という石原氏と佐々氏の出会いの秘話など。政治の世界の毒に飲み込まれず、「少年の如き純真さ、少年の如き愛国心」(佐々氏曰く)を80歳の老年に至る今も維持できるお方なのです。きっとずっと!石原慎太郎氏が今、再び国政復帰されるのはやはり天命なのだと思えます。「石原さん、かわいそうだな。石原さん、大変だな。」(上杉隆氏曰く)、「石原氏の憂いは誰しもが共有する憂いであり、いまや複数政党が憲法改正を喫緊の課題と位置づける。」(櫻井よしこ氏)という石原氏の日本を憂う気持ちに素直に賛同、共鳴される方々はメディアで伝えられるのは僅かな方々ですが、国民である私達も同志であるので、石原氏の志に敬意を表し、そして見守り応援してゆきたいと思います。この機を無駄にしては本当に亡国の徒となってしまうという危機感を抱きながらも、「日本人はまだまだ捨てたもんじゃない」(石原慎太郎氏曰く)という言葉が心に刻まれています。日本の国力が衰退しても、日本人の大和魂は表現の仕方は様々なれど決して失せてはいない。なので、今、20代の若い方々が「石原新党に期待する」と支持されているのではないでしょうか。「小異を捨てて大同に就く」ことを石原氏が唱える意味は大きいのです。政策、理念も大事なことながら、最も大事な大同とは「日本」なのですから!これからも、石原慎太郎氏、その仲間の皆様を断固支持いたします。頑張ってください!